スキーで飛ぶ。クラッシュすれば記憶も飛ぶ。話題も飛ぶ。w
http://freeibex.blog74.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
第736話 『復活宣言』
2009-03-20 Fri 22:47
そろそろ復活しようかと思う。

リハビリを兼ねて、
別でやってた過去記事を転載していこうかと思います。

心配してた人、ごめんなさい。
スポンサーサイト
別窓 | 少年時代 | コメント:10 | トラックバック:0 
第735話 『カレーに大根の葉っぱ』
2008-09-17 Wed 23:01
カレーの具に大根の葉っぱ。
意外に合わない。

これ、豆知識な。

お前らも気をつけるように。
別窓 | 喰った・飲んだ | コメント:12 | トラックバック:0 
第734話 『一人芋煮会』
2008-09-14 Sun 21:38
気温も下がってきて、そろそろ焚き火のシーズンですね。

今日は秋晴れのいい天気だったので、
一人芋煮会に参加してきました!
メンバーは僕と僕と僕と僕。
あと、飛び入り参加の芋虫とハエ。
・・・・・・・。
orz


とはいえ、久しぶりの焚き火だし、一人でも楽しかった。
いや、マジで。
今回は一人だし、飯盒使ってみました。
P1020993sjpg.jpg


やっぱ締めはカレーうどんでしょ。
うめぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!
P1030010s.jpg
芋煮の後のカレーうどんの旨さは異常。

喰った後もダラダラと焚き火。
P1030084s.jpg
焚き火は夕方~夜にかけてがベストタイムです。
暗闇に揺らぐ炎を見てると飽きないし、気が休まる感じ。



とは言えやはり、
ぼっちだとほんのちょびっとだけ寂しいのは内緒だwww
別窓 | 外遊び | コメント:2 | トラックバック:0 
第733話 『えんがわ』
2008-08-27 Wed 21:40
河童寿司では物足りないので、一本丸ごとを4つ買ってきた。
P1020895s.jpg
別窓 | 喰った・飲んだ | コメント:3 | トラックバック:0 
第732話 『気付き』
2008-08-27 Wed 19:55
なんで今までこんな事に気付かなかったんだろう。

そんな事実に、今日突然気付いた。

神の啓示の如く。



この事実は後々、僕に死に至る病をもたらすだろう。
別窓 | 徒然 | コメント:5 | トラックバック:0 
第731話 『死に至る病、そして』
2008-08-25 Mon 21:29
昨夜の出来事。


夜中の0130頃に目が覚めたんです。いきなり。
で、体調が明らかにおかしいんですよ。
夏にしては涼しすぎるくらいの気温なのに、体が異常に熱い。

「あれ?おかしいな」

くらいの気持ちで体を起こそうとすると、
すっごいグラグラするんですよ。
それこそベロベロのヘベレケに酔っ払った時みたいに。
立ってられないくらい。

うあ!ヤッベ!と思ってすぐに横になると、
グラグラは少しおさまるんですけど、
今度は熱気はいきなり寒気に変わり、
寒いのに変な汗がダラダラと蛇口をひねったように
全身から流れてくるんです。

この時点で尋常じゃない状況を認識。
しかし頭は結構冷静で、

「寝る前はビール1本と焼酎2杯しか飲んでないから
 こんなんなるはずないな・・」

「夕食は一人焼肉、問題ないはずだ。加熱用レバ刺か?
 いやいや、それ喰ったのは一昨日だし。」

とか、クールに原因分析をすすめていたのです。
しかし原因は把握できず。
この間にもシーツはグッショリです。

そうこうしていると今度は激しい便意。
立ち上がるとまたグラグラするので、
頭を上げないようにして、トイレまで歩伏前進。

んで、トイレに着いたんですけど、
うんちするには流石に体起こさなきゃなんないでしょ?
なんとか力を振り絞って便座に座ると、案の定グラグラ襲来。
もうマジぶっ倒れそうなんですよ。座ってられないの。
なので激しく前かがみの姿勢をとり、
膝と膝の間に頭をうずめ、できるだけ頭を低くするような姿勢で

目標をセンターに入れてうんち、
 目標をセンターに入れてうんち、
  目標をセンターに入れてうんち、
   目標をセンターに入れて・・・

いやいや、センターに入れる余裕はなかった。
でも外してはないぞ!

で、このうんちが凄い臭いんです。
この世のものとは思えない臭気。
しかもうんちの香りじゃないのよ。
なんかとてつもなく生臭く、
それでいてどんぐりを煎ったような香ばしいようなにおい。
全く未知のにおい。
未知との遭遇ですよ。

臭気に耐えつつ、しかしやはり最後の一滴まで搾り出す余力もなく、
程々のところで水を流し、トイレを後にしようと立ち上がった瞬間、
人生最大のグラグラ感。
パンツを履く間もなく思わずその場に崩れ落ちる俺。
超スローモーションwwwww
開けっ放しのドアをはさんで、
上半身は廊下、下半身はトイレというレイアウト。
もう起き上がれない。
追い討ちをかけるようにどっと噴出す厭な汗。冷たい汗。
ホントに水溜りができるくらいの勢い。
もう自分ではどうにも動けない。

「倒れる」というのはこういうことか。

この辺からマジで救急車を呼ばないと死んでしまうと
思いはじめたんですけど、いかんせん体が動かない、動かせない。
電話まで辿り着けそうにない。

それなのに薄れ行く意識の中で考えていたことは、

「あぁ、明日は朝から米沢で商談の約束あるのになぁ。
 行けないかもって連絡しなきゃ・・。」

ジャパニーズビジネスマンwwwww


結局その体勢のまま、薄れ行く、それでいて途切れない意識のまま、
何時間にも感じるようで、ほんの十数分にも感じるような時を過ごし、
なんとか立ち上げれる状態に戻ってきたところでベッドまで這って帰還。
そのまま気を失うように眠ってしまいました。

一人暮らしって、こういう時怖いよね。
ホントに死ぬかと思った。
まぁそのまましんでも良かったんですけどねwwwww
別窓 | 徒然 | コメント:3 | トラックバック:0 
第730話 『迷惑メール、襲来』
2008-08-17 Sun 22:13
夏休み後半、何も予定が無くて暇で暇で仕方が無かったのです。
もう誰にでもいいから構って欲しかった。
でも、誰も僕を構ってくれません。
仕方が無いので僕はこの人恋しさを解消するために
あからさまに「サクラ」と判る出会い系サイトの中の人と
不毛なメール交換してました。
5回くらいやり取りすると、

 「ポイントが足りません。コレ以降のメールのやりとりを
  希望する場合は追加500ポイントを8,000円でご購入下さい」

みたいな感じになるんですわ。
サクラさん達はこの有料ポイントを使わせるために
色々とエロいメール送ってくるわけなんですけど、
もうね、まじありえない。
女からいきなり

 「今夜会えませんか?」

とか、

 「私は女社長やってます。逢ってくれるならともさんに
  2,000万円差し上げてもいいと思っています。」

とか。

お前はどんなカモを狙っているんだと。
今時そんなあからさまなメールに引っかかるやつがいるのかと。
もうちょっとさりげなく誘うような文は書けないのかと。
仮にもプロなんだから、もっと僕を楽しませてくれ。
もっと僕をときめかせてくれ。

あんまり積極的なものですから、こっちとしてはひきまくりんぐ。
なので、出会い系に登録しておきながら、

 「よく知らない女性といきなり会うなんて無理です。」

とか、

 「もっと自分を大切にしたほうがいいですよ。」

とか、いさめる始末。
普通逆じゃね?

最後のほうはもうめんどくさくなって、

 「スイーツ(笑) 死ね」

とか

 「サクラ乙!」

とかって返信して遊んでたんです。
そういうの送ると一丁前に、

 「ひどい!どうしてそんなこというの!?」

とか反論してくるツワモノサクラもいるんですがもう無視。
正直飽きた。


で、ほっぽり投げてると今度は請求メールの嵐。

業者「追加料金の8,000円を明日の15:00まで支払ってください。
  さもないと差し押さえして取り立てますよ?」

みたいなメール。

まぁ、差し押さえして8,000円徴収とかどんだけ赤字なんだよと
すぐつっこみ入れたいとこなんですけど、それ言っちゃうと
続かなそうなので、

 「何のことですか?使った覚えないんですが。」

と返信。

業「あなたの携帯電話の通信記録から、なんたらかんたら・・。
  なので8,000円払え。」

僕「ごめんなさい。今無職なので8,000円は厳しいです。」

業「あなたの携帯電話の通信記録から、なんたらかんたら・・。
  なので8,000円払え。」

僕「それ、さっきも聞きました。そういえばそろそろお昼ですね。
  ランチとかどうされるんですか?僕は定食にしようかと。」

こういうと、しばらく返信がありませんでした。
まぁ、ホントに食事に出たのかもしれないしなと思って、
返事待ちをしていると、
その出会い系サイトから変なメールが来たんですよ。

 「おめでとう!現金100万円が当ります!」

なんで「当ります!」なんだ?
普通「当りました!」だろJK
と思いましたが、

 「なんか100万円当ったみたいなので、さっきの8,000円、
  そこから天引きしてくれて構いません。
  なので残りの99.2万円下さい」

と送信。

それっきり返事来ません。
しかしその後も請求メールやら会いましょうメールがひっきりなし。
まるで止む気配がない。




その結果がこのざまか。
P1020892s.jpg

約20時間で364通。
しかもこれ書いてる最中もどんどんメールが来てます。

今も376通目が届いたorz
別窓 | web・PC | コメント:2 | トラックバック:0 
第729話 『大和煮、という生き方』
2008-08-12 Tue 19:34
知り合いの@@さんから缶詰を頂いてきました。
@@さんはネットでの戦友みたいなもんですwww
お客さんですけどwwwww

で、先日のコンビーフ事件の記事を読んでてくれたようで、

 「いいものあるからちょっと来い。」

って言われてたわけです。
渡されたのがコレ。
P1020846s.jpg
「えぞ鹿の大和煮」
まずパッケージを見ると、「えぞ鹿出僕注意」とかいう、
その辺走ってるインチキ四駆の背面タイヤカバーに
よく書いてあるような安っぽいキャッチコピー。

しかもえぞ鹿肉50%と書いてあります。
残り半分は何なんだ。優しさか?

箱の裏面を確認します。
P1020852s.jpg
賞味期限 06.2.25 と書いてあります。
案の定、賞味期限切れです。
そうは言ってもたった2.5年しか経過してません。
これは余裕か。

パッケージを開けると、
「シカ」とだけ刻印された、
野戦用レーションの缶詰を思わせる無骨な缶が現れます。
これは期待。wktk
P1020857s.jpg


いよいよ缶を開けてみる。
P1020858s.jpg
なんか白くて小さなツブツブが混じってるものの、
それ以外はなんともなさそうな感じ。
大和煮独特の濃い香りが辺りに漂う。
食欲をそそる香りだ。

食べてみた。
普通に美味い。

元来、大和煮という料理法はたいへん味付けが濃く、
素材の味を消してしまうため、クセの強い肉や質の悪い肉であっても
素材として使うことができる。
逆に言えばどんなクズ肉を使ってもそれなりに美味くなってしまうし、
賞味期限切れても味の変化に気が付けない料理なのだ。
実際、その辺の特性を活かし、自衛隊の野戦食にも採用されている位だ。

これを書きながらビールとともに一缶ぺろりとたいらげてしまった。
みぞおちの辺りに不快感があるが、
これは「期限切れの食品を食べてしまった」という、
脳のイメージによるものだろう。

こないだのコンビーフはMade in Brazil
でも今回のはMade in japanだし、大丈夫だよね。
別窓 | 喰った・飲んだ | コメント:2 | トラックバック:0 
第728話 『募る、想い』
2008-08-11 Mon 22:32
突然。
君に逢いたくて、逢いたくて。
理由もなく。

互いに顔を近づけたときのあの香り。
いつもの香り。
でも懐かしい香り。
僕はその香りで安らぎというか、すごくいい気持ちになれるんだ。
そして唇をそっと近づける。


そうやって君の事を考えてしまうと、
もう他のことが手につかなくなるんだ。
君が欲しい。
君の全てがすぐにでも欲しい。
どうしても君を手に入れたい。
君とひとつになりたい。

まさに今日、僕はそんな気持ちになってしまったんだ。
もう自分ではこの気持ちを止められそうにないよ。










カレーって食べたくなったらとまらないよね。
特に夏は。
なのでココイチ行ってきた。
別窓 | 喰った・飲んだ | コメント:2 | トラックバック:0 
第727話 『赤川花火大会』
2008-08-10 Sun 23:59
赤川の花火大会に行ってきた。
正直に言おう。
悔しいが、今まで見た花火大会の中で一番良かった。
色んな意味で心にずっと残るだろう、今日という日が。
P1020766s.jpg
別窓 | 徒然 | コメント:2 | トラックバック:0 
| ■ 飛 ブ 。■ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。