スキーで飛ぶ。クラッシュすれば記憶も飛ぶ。話題も飛ぶ。w
http://freeibex.blog74.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
第715話 『プロライダー』
2008-07-20 Sun 22:37
昨日の夜、フリースキーのプロライダー、
本間勝美(=かっちゃん)を囲んで庄内で飲んでました。

もともとウチラのチームのメンバーだったんですけど、
今や出世頭で、スポンサー受けてるようなモンスターライダー。
まぁ、他に出世してるメンバーはいないわけだが。www
で、国内海外あっちこっちで活躍してきた話を聞いては
もう、羨ましくて羨ましくて。
俺もそんな生活したかったなぁと。

一番笑ったのは「妊娠線」の話。
かっちゃんはバカみたいにかっ飛ぶライダーなんですけど、
その分頭もバカなんですけどww、
「妊娠線」を手相の何かだと思っていたらしいwww
運命線とか、生命線とか、そういうのだと。
そんな線ねーよ!wwwww


わざわざ長野から遠路はるばるご苦労様でした!
また飲もうな!!ww
スポンサーサイト
別窓 | FreeIBEX | コメント:0 | トラックバック:0 
第693話 『独りじゃない、焼肉』
2008-06-14 Sat 21:19
IBEXのメンバーで、バーベキュー大会でした。
独りじゃない焼肉はずいぶん久しぶりでした。

やっぱ、大勢だと楽しいですね。
別窓 | FreeIBEX | コメント:0 | トラックバック:0 
第671話 『残雪を求めて』
2008-03-30 Sun 19:59
今日はホームである湯殿山に行ってきたんですけど、雪は全然走らない雪だし、テーブルは飛ばないし、レールはないわで、一本だけ滑って終了。
んで、合流したみんなで湯殿山からジャングルジャングルへ大移動。
13時過ぎにJJ到着でお口直ししてきました。
やっぱJJはコース整備ちゃんとされてますねー。
楽しかったです。
別窓 | FreeIBEX | コメント:1 | トラックバック:0 
第641話 『待ち人来ず』
2007-12-10 Mon 23:20
筋肉痛、いまだ来ておりません・・・orz
別窓 | FreeIBEX | コメント:0 | トラックバック:0 
第640話 『初滑り』
2007-12-09 Sun 23:15
今日初滑りしてきました。
湯殿山で。

初滑りにしては結構滑りました。
明日の筋肉痛が心配です。
別窓 | FreeIBEX | コメント:1 | トラックバック:0 
第635話 『芋煮会』
2007-10-13 Sat 00:24
IBEXの芋煮会行ってきました。
石投げ

焚火

みんなの和にも入らず、一人で一晩中焚火していた罠。www
別窓 | FreeIBEX | コメント:0 | トラックバック:0 
第614話 『夏の終わりのIBEXキャンプ』
2007-08-26 Sun 23:19
IBEX夏の終わりのバーベキューキャンプに行って来たです。冬はホームゲレンデになる湯殿山スキー場で。ココ、夏場はオートキャンプ場になってるです。

釣堀浴2楽しそうに水遊びしていますが...







釣堀浴1実はココ、養魚場。www
イワナがいっぱい泳いでます。






ミヤマ僕が捕まえたミヤマクワガタ。
でもヒロミに持っていかれてしまったです...。
ドナドナド~ナ~ド~~ナ~ ミヤマを乗~せ~て~
ドナドナド~ナ~ド~~ナ~ エルグランド揺~れ~る~

僕が捕まえたのに!
 僕が捕まえたのにぃぃぃぃ!!!

ハイジブランコ木から吊るしてあるハイジブランコ。
優ちゃん大興奮。wwww
そんな優ちゃんに少しだけ萌えた夏の日。





バーベキューそして焼肉へ。








まぁ、そんな感じ。
別窓 | FreeIBEX | コメント:1 | トラックバック:0 
第577話 『結婚式』
2006-10-08 Sun 23:34
タダヨシ@ibexの結婚式に呼ばれて行って来ました。


ibexのみんなで待ち合わせて、余興の衣装なんかを買出ししてから式場に行ったんですよ。で、普通に受付を済ませた訳なんですが、受付で渡されるリーフレットみたいなのってあるじゃないですか。座席表とか、式次第とか、二人に関するこれ以上ないくらいほのぼのとした部分だけを吟味して抽出し、汚れた部分を一切隠蔽したプロフィールなんかが書いてあるヤツ。それ見るとね、IBEXのメンバーは一番後ろの後ろに配置されちゃってるんですよ。もうね、敢えてよけてあるとしか思えない。
でもまぁ「あいつらを前に座らせたら何されるかわかったもんじゃない」という、主催者の気持ちもわからなくもないんです。今までホントにバカみたいに大騒ぎしてきましたからね。
しかたないので多少不満を感じつつも指定された席に座ってみました。
で、新郎新婦のステージの方に目を向けると、目の前は柱。なぜか柱ですよ。
白くて太い柱が鎮座しているんですよ。ハタチくらいの青年のチンコみたいにいきり立ってる。
それが邪魔して新郎も新婦も全く見えません。見える気配さえないんです。
ということは、向こうからも僕の姿は全く見えないという事ですよ。
つまり僕は披露宴会場に確かにいるわけだけれども、新郎新婦にとっては存在していない事になっているのです。
認知の大部分を視覚に頼る人間にとって、見えない=存在しない、ということなんです。
悪質ないじめですかコレは。
仕方ないので柱に向かって乾杯し、柱に向かって拍手してきました。
おめでとう。幸せになれよ、柱くん。


そつなく披露宴も終って、普通ならこの後に2次会っていう出会いのイベントが設定されてるもんですが、そういうの全然なし。すき焼きと生卵、ギョーザとラー油、結婚式と2次会。それくらい切っても切れない関係じゃないか。
披露宴を見て「いいなー、あたしも結婚したいー」とかって、結婚したい気持ち288%くらいまでテンションが上がりつつも彼氏がいなくて「よーし、今日彼氏見つけちゃうぞー」みたいな、そんな浮かれた独身女性を、結婚なんてどうでもいい独身男性が次々にその毒牙にかける。さながら狩場。あるいは寒流と暖流がぶつかる三陸沖並みに豊かな漁場で乱獲するぞ、みたいな。それが披露宴の二次会クォリティーのはずじゃないか。独身のヒロシとかカズキとかなんて、それが目的で披露宴来てるに決まってるし、僕だってセクハラする気満々で来てるというのに、なんだそれは。


幸せを分けてあげようという気持ちが一切見受けられないじゃないか。自分たちだけ幸せならいいのか。などと一瞬思ったのですが、よくよく考えてみると、彼の幸せは実は今日の結婚によって終ったのだということに気付いたんです。既婚の方は理解して頂けると思いますが。
ということはですよ。
あえて二次会を開かなかったのは、次の不幸な人を生み出したくない、負の連鎖を止めたい。
まるで報復が報復を呼ぶテロのように、この結婚が次の結婚を呼ぶ事を止めたかったのではないか。
だとすればタダヨシは凄い男だ。いや、凄い漢だ。
そのように納得した僕ですが、ヒロシとかカズキとかはまだ若いし、それよりもなによりもバカなので、未練がましく会場から出て行こうとする女性たちをナンパしてました。ある意味こいつも凄い男だ。
結局IBEXのメンバーだけで男だらけの2次会をしたのでした。
って、これじゃいつものただの酒飲みじゃないか。



おまけ。
夜飲み行った後にコンビニでカップの味噌汁買ってホテル戻ったんですけどね、それにレトルトのしじみが入ってたんですよ。ほら、しじみ汁って二日酔いにイイって言うじゃないですか。
しじみ汁2

この袋をよく読んでみたら、
しじみ汁1

「貝殻は食べられません」
誰が間違うんだ。そんなもん。
別窓 | FreeIBEX | コメント:0 | トラックバック:3 
第574話 『ネプチューンキング』
2006-09-09 Sat 22:40
IBEXメンバーのタダヨシの結婚式の余興の打ち合わせをしに、仕事終えてからわざわざ庄内まで行ってきました。
と言っても、打ち合わせ会場の居酒屋に着いた頃にはもう既に決まっていたんですが。
で、余興の話もそこそこに、あとは普通の酒飲みですよ。わざわざ何しに行ったんだか。

12時近くまでそこで飲んで、二次会の会場に移動したんです。まぁ女の子がいるような店なんですけどね。正直、僕はこういう店あんまり好きじゃないんです。こうみえて僕は人見知りすると言うか、人に対して瞬時に心の壁を作るタイプなので、飲み屋に限らずですがビタッと横に着かれて接客なんかされたらもう逃げ出したくなるんです。これが小さい子供なら、道行くお姉さんがたに「カワイィ~♪」とかって抱きつかれて、あわよくばホッペにチューくらいのハプニングも充分ありうるところですが、30過ぎのバリバリのおっさんの場合ではただの対人恐怖症です。引きこもっていないのが不思議なくらいだ。

そんな事情で急に無口になった僕を、となりに座った女の子が色々気に掛けてくれてるらしく、「怒ってるんですか?」とか「楽しくないですか?」とか話しかけてくるんです。まぁ普段なら、あぁ、気を遣ってくれるいい娘だなぁとか思うところですが、それどころじゃありません。なぜかと言うとですね、

僕の目の前にネプチューンキングがいるんですよ!!パーフェクト超人が!!
ネプチューンキングが「いらっしゃいませ~」とか言ってるんですよ!
ネプチューンキング1
ネプチューンキングが「ご馳走になってもいいですかぁ?」とか言ってるんですよ!!
んで、ウーロン茶ゴクゴク飲んでるんですよ!!
そして一番騒いでるんですよ!!
ネプチューンキング2
まじ「そりゃぁーー!!」って感じで。どんなホステスだ。

だいぶノリノリのキングだったので、「マグネットパワー全開!」のポーズやら、クロスボンバーのポーズやらをさせて大笑いしてきました。本人はわかってなかったみたいでよかった。バレたらマスク剥がされるトコだった。

そういえばマスターは出来損ないのミスターカーメンみたいな不自然な髪型してました。ただ、もっぱらヅラだとの噂なのでむしろバッファローマンってとこですかね。いずれにしろあの店の名前は今日から「キン肉ハウス」と呼ぶことにします。僕の中では。
次はどんな超人に会えるか楽しみでたまりませんが、おかげでキン肉マンが読みたくて仕方ないじゃないか。そんなわけで今週末はキン肉マン全36巻を読破しようと思います。
別窓 | FreeIBEX | コメント:2 | トラックバック:0 
第573話 『ORAGEライダーのお宅訪問』
2006-09-03 Sun 22:28
昨日今日と、毎年恒例になりつつあるIBEXの夏のイベント「ORAGEライダーのかっちゃんちに遊びに行こうツアー」に参加してきました。

早めに家を出て、高く晴れ渡る晩夏の月山道を気持ちよく余裕のクルージングで向かっておりました。あと一個トンネル抜けたら待ち合わせの鶴岡市だ。ちょっと早く出すぎちゃったかな。あんまり早く着いちゃったら、なんか猛烈に楽しみにしてたみたいでかっこ悪いな、なんて思いながら余裕のドライブ。そしたら13:15頃にタカシさんから携帯に電話が入ったんですよ。頃っていうより13:15きっかりなんですけど。でも山を通る道を走行中だったので電波状態が悪くて、電話出る前に切れちゃったんですよ。

「ん!?集合時間に遅れるって電話かな?」

そう思い、折り返し電話しようと思いましたが、山道で電波状態がダメダメなのでメールすることにしました。メール書いとけば、電波の入った瞬間を狙って送信すればOKだしね。なので、前にタカシさんから貰ったメールを開いて、それに返信しようと思ったんです。ところが開けてびっくりです。そこには、

 「物産観13時待ち合わせでよろしくお願いしますm(_)m」(原文ママ)

って書いてありやがるんですよ。のっけから遅刻です。と言うかもう既に13:20です。おいおい、昨日までは確かに14時って書いてあったじゃないか。こっちは何回もメール見直して確認してたんだ。それがなんだ、一夜明けたら13時集合って。誰かが夜のうちに書き換えたとしか思えない。例えるならあれだ、濃~いHしたあと腕枕なんかしちゃって一緒に寝たはずの彼女が、翌朝起きたら机に書き置き残してものの見事にいなくなっていた、ってくらいの理不尽なショック。

これ絶対小人のしわざだ。僕の部屋にはいたずら好きの小人が何人か住んでいるんです。こいつら僕がいる間は隠れて絶対出てこないくせに、僕が寝静まってる時とか外出してる時とかに出てきて色々といたずらしやがるんです。このちょいワル小人達がメールを書き換えたとしか考えられない。

「くそぅ、またあいつらのしわざか!」と毒づきつつ、慌てて高速道路乗って待ち合わせ場所に到着したのは13:30頃。堂々の30分遅刻です。と言っても僕の当初のスケジュール(14時集合)的には30分も早く着いたって事になるし、むしろ、小人達の妨害にもかかわらず30分しか遅刻しなかったという点を評価して欲しい。
別窓 | FreeIBEX | コメント:1 | トラックバック:0 
| ■ 飛 ブ 。■ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。