スキーで飛ぶ。クラッシュすれば記憶も飛ぶ。話題も飛ぶ。w
http://freeibex.blog74.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
第637話 『人間』
2007-11-04 Sun 22:05
夜TVを観ていた。
チェルノブイリの原発事故の影響で体に障害を持って生まれた子のドキュメンタリーでした。
それなりに感動するお話で、少し涙が滲んだのですが。


で、最後にコメンテーターの人がこう言ったんです。

「人間はどんなにつらい事や苦しい事があっても生きていけるんですね。感動しました。」


で、僕はこう思いました。

「人間はどんなにつらい事や苦しい事があっても生きなければならないんだなぁ。絶望する・・・。orz」

スポンサーサイト
別窓 | TV・映画 | コメント:0 | トラックバック:0 
第619話 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』
2007-09-09 Sun 00:12
ヱヴァンゲリヲン新劇場版ヱヴァンゲリヲン新劇場版観に行って来ました。レイトショーで。
レイトショーだと少し安いんですよ、入場料が。そして入場料を安く設定しているって事は、観客の入りも少ないんだろうと。まさにイイ事づくめ。

そんな読みだったので、ヨレヨレのTシャツにジーンズ、足元はサンダル、頭はシャワー後なにもメンテせず放置、勿論ヒゲなんか剃ってない。そんなナリで出かけました。

で、行ってみると券売所にわんさと人がいるんですよ。並んでやがるの。ほとんどの人は『HERO』観に来てたみたい。キムタクの。
土曜の夜だしね。カップルとか多かった。

そんな中、明らかにオーラが違うというか、明らかに一般人ではない雰囲気を漂わせる男達がチラホラと。「コイツら絶対ヲタだ!」って直感させる男達が。
なんかパソコンの話とかしてるし・・・。

(うわー・・・)とか思いながらトイレ行こうとしたら、入り口ですれ違った女の人にキモヲタを見るような目で見られました。
一般の女子から見たら、どうやら僕もヲタだったようです。orz
まぁ今日の格好じゃ、それも仕方ないか。ww


そうこうして上映時間近づいてきたので席に座ってみた。

ちょっwwww
なにこの男率wwwwwww
女2人くらいしかいないじゃんwwww
隣の会場ではカップルが手を繋ぎながらHEROとかを観ていると言うのにお前らときたら・・・


ヱヴァンゲリヲン新劇場版バナー



さて、肝心の映画の中身ですが、シナリオは基本的にはTV版のトレース。次回作品から大きく変わることになりそうです。
が、映像はすげぇぞ。建造物の描写がハンパねぇです。
別窓 | TV・映画 | コメント:2 | トラックバック:0 
第609話 『ビリーの娘』
2007-07-18 Wed 21:55
ビリーの娘1ご存知、「ビリー・ザ・ブートキャンプ」
どうも大人気みたいですね。
職場でも違法コピーしたDVDが流通してますし。
まぁ、高校卒業以来500g以上体重がブレた事のない僕には興味ないですけど。

ここでビリーの左隣にいる女性、「シェリー・ブランクス」。
彼女はビリーの娘って事になってるけど、実は養子らしいです。

そんな豆知識よりも。

ビリーの娘2貧乳にもほどがある!!!
もはやブルース・リーみたいです。
もうね、TVとかでチラっと観ててもソコにしか目が行かないです。
女性の方、ブートキャンプのしすぎには注意してください。
別窓 | TV・映画 | コメント:3 | トラックバック:0 
第578話 『シャアとアムロ』
2006-11-06 Mon 22:27
僕くらいの年齢になりますとね、ドライブ中にCDなんて聴きません。と言うか、最近は音楽なんて全然聴かない。涌いては消え、涌いては消えする流行り歌なんていちいち追っかけてられないですよ。特にJ-POP。涌きすぎ。そして消えるの早すぎ。大体何なんですか。J-POPって。歌謡曲って呼べ。
これに限らず、とかく日本人は負の表現(恥とか汚いとかカッコワルイとか)をボカシすぎると思うんです。

 ・売春って言うとなんか後ろめたいから援助交際って言う。
 ・泥棒って言うとなんか犯罪みたいだから万引きって言う。
 ・歌謡曲って言うとなんかカッコワルイからJ-POPって言う。
 ・毛丸出しって言うとなんか恥ずかしいからヘアヌードって言う。
 ・セックスって言うとなんか恥ずかしいからエッチって言う。

全部日本人の婉曲文化が生んだ言い回しです。婉曲ってのはボカした言い回しって事です。もっとも、言葉の意味を維持しつつ、その牙だけを抜くという言葉の技術が日本人みんなに備わってるって言うのはすごいことだと思うんですよ。文化として。

と思っていたのですが、最近どうも違うことになっているらしいことに気がついたんです。
女の子が小声で、しかもうつむき加減で恥ずかしそうに「Hしよ?」って言うのは雰囲気的にも文脈的にも正しい使い方だと思いますし、僕としても激しく萌えです。萌え萌えです。が、ガングロでバケモノみたいなメイクしたコギャルみたいなのがゲハゲハと笑いながら「Hしよ!」って言うのは間違いだと思うんです。お前らのは「H」じゃなく「交尾」だ。

つまり、恥じらいも羞恥心もないのに婉曲な表現を使うのは間違いだと気付いたんです。

 
 
話は戻りますが、じゃぁドライブ中何を聞くのかって言うとですね、ラジオですよ。ラジオ。若いヤツラに言わせるとチョーダセーとか言われそうですけど、ハタチやそこらのガキはすっこんでろって感じですよ。

で、そんなある日、ラジオをいつもどおり漫然と聴いていると、docomoのCMがラジオから流れてきたんです。設定はただの兄弟の会話なんですけど、僕クラスの年齢にはシャアとアムロの会話にしか聞こえません。もうCMに釘付けで、危うく小学生にぶつかるところでしたよ。まぁ仮にぶつかったとしてもこっちは車の中なので安全なのでいいんですけど。

家に帰ってDOCOMOのサイトを調べたらCMがそのまま公開されてたので是非聞いてみてください。運転中にインターネットで見てる人は小学生に注意してくださいね。

■NTTドコモラジオCM 古谷徹・池田秀一
「カステラの行方」篇
http://www.nttdocomo.co.jp/corporate/ad/radio/061006_07.html
「兄のたくらみ」篇
http://www.nttdocomo.co.jp/corporate/ad/radio/061006_08.html
「ごちそうさま」篇
http://www.nttdocomo.co.jp/corporate/ad/radio/061006_09.html
「コスプレイベント」篇
http://www.nttdocomo.co.jp/corporate/ad/radio/061006_10.html
「寝ぼけた兄」篇
http://www.nttdocomo.co.jp/corporate/ad/radio/061006_11.html
別窓 | TV・映画 | コメント:0 | トラックバック:0 
第572話 『ゲド戦記』
2006-08-29 Tue 14:06
皆さんはもうご覧になりましたか?映画「ゲド戦記」。宮崎ナントカっていう親の七光り監督が初めて手がけた映画だとか。親のハヤオのおかげでそれなりに話題作品みたいで、主題歌は街のアチコチで聞こえてきますし、「命を大切にしないヤツは大嫌いだ!」ってセリフもよく耳にしますね。映画の中身についてはどうこう言うつもりもありませんし、そもそも観るつもりもないのですがね。


さて、この映画の主題歌の歌詞の中に、

 「心を 何に 例えよう」

というフレーズありますね。
ある人から教えられて以来、あれが、

 「心 オナニーに 例えよう」

と聞こえて仕方ありません。
blogやら2chやらでは結構有名な話らしいんですが、どう聞いても、何回聞いても、いやむしろ聞けば聞くほど「心 オナニーに 例えよう」としか聞こえなくなりました。こんなの子供に聞かせられない。心をオナニーに例えるって、そもそもどんな例えだ。ハヤオの息子なら何をやっても許されるわけでもあるまいにと、義憤に駆られる毎日です。

と毒づいていたわけですが、よくよく考えてみるとこの例え方、実は結構イイ線いってるのではないかと気づいたのです。戦いに身を置かれた主人公の心をオナニーに例えるのはアリだなと気づいたんです。

戦いの前の迷い。
戦いの最中の高揚感、興奮。
戦いの後の虚無感、罪悪感。
そして、もうこんな戦いはやめよう、という決意。
しかしやはり再び戦いに身を投じてしまう葛藤。
この戦いがいつまで続くのかという絶望感。

上記の「戦い」を、「オナニー」に置き換えてみて欲しい。
どうだ。見事に例えられていると言える。
迷い、高揚感・興奮、虚無感・罪悪感、決意、葛藤、絶望。
そういったものを身近なものに置き換えて感じて欲しいと言うメッセージなのです。さすがハヤオの息子。さすが七光り。親の光はダテじゃない。


そう言えば、高校の同級生でかなりの映画フリークのカトちんが言ってました。

「すべての映画作品にはメッセージがこめられているんだよ。」

と。ではこの「ゲド戦記」で、製作者が伝えたかったメッセージとは何だったのだろうか。観てもいないどころかあらすじも知らないのに考えてみました。

僕が思うに、ポイントは主題歌の歌詞(心オナニー…)と「命を大切にしないヤツは大嫌いだ!」のセリフにあると思うんです。ここで言う「命」とはメタファー(比喩)であり、本質的には「命の素」を指すに違いない。この「命の素」とは、すなわち「精子」です。つまり、無駄に精子を放出している現代男性への警告が込められているのです。オナニーによる精子の大虐殺を諫めるメッセージが込められているのです。それが「命(の素)を大切にしないヤツは大嫌いだ!」というセリフに集約されて表現されているのです。



つまり、この作品を通じて監督が一番伝えたかったことを一言で表現するならばこうなります。

 「オナニーのし過ぎに注意!」




※本文中でも言ってある通り、僕はこの作品について何にも知りません。
「心オナニー…」と命を大切にしないヤツは大嫌いだ!」のセリフ以外何も知りません。
従いまして作品の捉え方や評価について批判されても困ります。
作品についてのマジなコメントはご遠慮ください。
別窓 | TV・映画 | コメント:2 | トラックバック:0 
第453話 『es』
2005-11-11 Fri 20:58
es 30年ほど前、スタンフォード大学心理学部でひとつの実験が行われた。それは公募で集まった人間を看守役と囚人役に振り分け、模擬刑務所内においてそれぞれ与えられた役割に従って行動させ、肩書きや役割が人間の行動に与える影響を調べるというもの。しかし、看守役の被験者は次第に支配的、攻撃的に、囚人役の被験者たちは受動的、服従的になっていき、ついには囚人役の何人かが重度の情緒不安定に陥り、当初2週間の予定だったこの実験は6日で中止となってしまった。以後、こうした実験は倫理的に問題が大きいために全面的に禁止されている。本作はこの有名な心理実験を基に描いた問題作。モントリオール国際映画祭にて最優秀監督賞を受賞。
 スタンフォード大学心理学部ではある実験をするため、被験者となってくれる男性を公募した。集まった20名ほどの被験者は無作為に「看守役」と「囚人役」に分けられ、学内に設けられた模擬刑務所に収容された。初めはそれぞれの役を演じるだけの簡単なアルバイトと誰もが考えていた。しかし、実験が進むうち、「看守役」の攻撃的な振る舞いはどんどんエスカレートしていく。それに対して、「囚人役」は卑屈に服従するのみで、まったく抗議できなくなっていく。いつしか、模擬刑務所内は単なる実験の枠組みを越えて、もはや誰にも制御不能の状態に陥っていく……。


...という映画。
だいぶ期待して観たのだが、結構面白かったかも。
囚人たちじゃなく、「秩序を守るため」という大義名分と
与えられた権力をもって看守達が暴走していく様が
怖くてムカつく。


こういう「権威への服従」をはかる実験は「アイヒマン実験」と呼ばれるらしい。
アイヒマンとはナチの高級官僚の名前だ。

詳細は「服従の心理」という本にある。

平凡な人間にひそむ「悪」を科学的に実証。合法的権威によって他人に危害を加えるように命令された時、人はどう振る舞うか―人間の隠された本性を暴き出した衝撃的な実験報告。
合法的権威によって他人に危害を加えるように命令された時、人はどう振る舞うか。人間の隠された本性を暴き出した衝撃的な実験報告。平凡な人間にひそむ「悪」を科学的に実証する。
別窓 | TV・映画 | コメント:0 | トラックバック:0 
第382話 『エルメス 萌え』
2005-09-01 Thu 21:49
エルメス今日の電車男、萌えましたねぇ。
伊藤美咲のゴスロリ、ツインテール。w
何よりエルメスの口からの「萌え?」に萌えますた!ww

エルメスの「萌え?」シーンの動画
↑保存して、解凍してご堪能ください。w
別窓 | TV・映画 | コメント:0 | トラックバック:0 
第368話 『すけすけ たまたま ぷかぷか』
2005-08-18 Thu 22:56
スケスケタマタマすけすけ た~また~ま ぷかぷ~か♪
すけすけ た~また~ま ぷかぷ~か♪

キンチョーの芳香剤「カラーフロー」のCM。
結構前からやってたようなんだけど、昨日初めて見ました。
耳から離れません。w
頭の中で無限ループです。w
あの踊りも、あのコスも、あの歌も、あのメロディーも。


------------以下キンチョーサイトから---------
【企画意図】
カラーフローは、今までなかったタイプのフシギな芳香・消臭剤。クリアなゲルにカラフルなタマを浮かべたデザインは、ポップでかわいらしいだけではなく、香りの効果も最大限に発揮できるよう、機能に裏付けられたデザインでもあります。いわゆる“芳香剤”というイメージとは一線を画し、きちんとお部屋に置いてもらえるような商品として開発しました。
このデザイン性の高さをいかにわかりやすく伝えるかが、コマーシャルのテーマでした。
「セレブなみなさま、おしゃれな商品が出ましたよ!」正直にそう言いたい気持ちもあるのですがやめました。この場合、ストレートに言うことはおしゃれじゃないかな…と。
デザインの良さは、見ればきっとわかってもらえる。とにかく見てもらおう、そして見たままを伝えよう…こうして「スケスケ タマタマ プカプカ」という冗談みたいなインパクトあるフレーズが生まれたのです。

【ストーリー】
ある住宅街の一軒家。居間で二人の女性(ユニット名未定。みんなも考えてね!)が元気に歌い踊っています。スケスケの衣装にカラフルなタマタマを着けてとても楽しそうです。カラーフローのヒミツの穴からいい香りがするまでは…。ソファで温かく見つめる品のよい男女は夫婦のようですが、果たしてその実態は…!? これから4人に起こるトンでもない出来事とは…!?
まあ、いろいろとご想像ください。お部屋にカラーフローがあれば、気持ちまでたのしくなってきますよ。

【みどころ】
このCMのために結成された女性ユニットに注目です。画面向って左側の女性は、村上三奈さん。「浪花のスーパーアホドル」として知られています。右側の女性は、福本真奈美さん。某ダンススクール在学中で、今回がCM初出演。高倍率のオーディションから選ばれました。二人は初対面から意気投合。姉妹みたいな雰囲気で歌ってくれました。
みなさんの好評を得られましたら、CD化される可能性も!?
------------------------------------------
...だそうです。

CD化、激しくキボン。
つかコレの着メロ欲しい。



金鳥 カラーフローのCM:
http://www.kincho.co.jp/cm/html/2005/colorflow_suke/01_colorflow_suke.html
別窓 | TV・映画 | コメント:0 | トラックバック:0 
第354話 『FNS 25時間TV』
2005-07-24 Sun 22:35
なんだかなぁって感じです。
なんか学園祭のノリ。
自分らは楽しいのかも知れないけど...
別窓 | TV・映画 | コメント:0 | トラックバック:0 
第350話 『カンフーハッスル』
2005-07-17 Sun 22:49
カンフーハッスル3連休とは言え、特にすることもなく(夜のカニ獲り以外は)、
少林サッカーに続く、カンフーハッスルをnyでDLして観ました。

まぁ、相変わらずの内容で楽しめましたが、
少林サッカーの方が面白かったかな。

別窓 | TV・映画 | コメント:0 | トラックバック:0 
| ■ 飛 ブ 。■ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。