スキーで飛ぶ。クラッシュすれば記憶も飛ぶ。話題も飛ぶ。w
http://freeibex.blog74.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
第723話 『占い師、小関功命』
2008-08-05 Tue 21:13
非常に懇意にさせて頂いているお客さんの所で展示即売会みたいな
イベントをやっていたので足を運んでみました。
仕事中にwwww
外回りの仕事なのでその辺は融通ききまくりなんですwww
しかも今回は女性向けのイベントだったので、買わされる心配なしw
安心して訪れた次第ですwww

んで行ってみると、会場内は女性だらけ。
展示されてるのもジュエリーやらファッションやら美容関係。
まぁ正直興味ないのばっかし。
一回りした後親しい社員の方と猫いじめの雑談などをしていると、
どうも今回著名な占い師が来ているらしく、驚くほど当たるから
診てもらって来いって言うんですよ。
小関功命という人らしい。
 (↑の人のブログ http://plaza.rakuten.co.jp/ozekiblg/ )
昨年のイベントにも呼んだらしいんですけど、
その時は出入り業者さんの所長さんが診てもらったら、
「あなた近く転勤なりますよ」と言われて、
マジで数ヵ月後異動で転勤なってしまったそうです。

まぁ正直僕はそういう非科学的な事っていうか、オカルトっぽいのって
好きじゃないんですよ。
というかむしろ嫌い。いや、毛嫌い。
ですけどあんまり断るのもKYだし、
イベントの客寄せパンダ的なものなので
1回たったの500円という設定らしいし、
まぁ話のネタくらいにはなるかなと思って診てもらったんですよ。

人相と手相見てもらったんですけどね。

 ・仕事はうまくいっている。間もなく大きな仕事が入ってくる。
  でも1~2年後にかなりストレスに感じる時期が来る。
  でも最終的には上手くいくから辞めちゃだめだよ

 ・恋愛はお互いにタイミング合わなくてなかなか逢えない日が
  続いてるけど、彼女にはちゃんと気持ちあるし大丈夫。
  でも結婚するためには彼女のお父さんが障害になる。

 ・犬に縁がある。大きくて右前足を怪我してる犬には注意しなさい。

みたいなこと言われました。
まぁこの辺は正直「あーそー」くらいだったんですけど、
この後手相見て貰った時に驚くべきことが。

「24歳の時に大きな転機が一回ありましたね?」

あー。
確かにその年、いきなり酒田に転勤させられて、
そこの上司と折り合い悪くて苦労したっけ。
しかも異動がきっかけで学生時代から付き合ってた彼女と別れたり・・・
結構キツイ年だったなぁ・・・


「29歳の時、●●●な●●●をしてませんか?」

!?
た、確かにその年は●●●●●●●●●、●●●●●●た年!


「あれ?でも32歳でその●●と●●●●ありませんでした?」

うあぁぁぁぁぁぁぁっぁぁぁ!!!!111!!
なんで知ってんだよ!
お前こえーよ!!!!!!




テンション上がるわwww
女子供が占いにハマル訳が判ったような気がします。
さて、人相で言われた未来は当たるのだろうか・・・
スポンサーサイト
別窓 | 仕事 | コメント:1 | トラックバック:0 
第674話 『工場見学』
2008-04-23 Wed 20:55
今日宮城のはずれのほうに工場見学の引率で行ってきました。
もちろん仕事で、ですが。

やっぱ「工場」は面白いよ。
12.8秒かかる工程を7.6秒に短縮するためにはどうしたらいいか、とかを真剣に考えたりしててさ。しかもそれを実現してんの。
やっぱ日本は「ものづくり国家」「技術立国」なんだって改めて認識してきたね。
「中国なんか安いだけで全然ダメだ」とか言ってんの。
やつら、「国産品」の誇りを持って仕事してやがる。
こいつはすげぇって思ったね。
別窓 | 仕事 | コメント:2 | トラックバック:0 
第644話 『休みボケ』
2008-01-08 Tue 22:09
今週から仕事始まってるのだが休みボケがひどい・・・orz





来週から本気出す。
別窓 | 仕事 | コメント:1 | トラックバック:0 
第634話 『仕事中に焚火』
2007-10-11 Thu 00:17
仕事で同僚とペアで外回りしてたんですが、なんかやる気出ないので浜辺で焚火してました。
焚火の作り方してる時、僕はあえて手出しも口出しもしませんでした。
焚火
結果。
この焚火は美しくないな。
別窓 | 仕事 | コメント:3 | トラックバック:0 
第616話 『歓迎会』
2007-08-31 Fri 20:34
今日外回りを終えて19:30頃に事務所戻ったら、ウチのセクションの部屋の明かりだけ真っ暗なんですよ。いつもは22時とか23時まで平気で明かり点いてて誰か彼か仕事してるのに、ですよ?

で、なんかあったのかと不安になりましてね。
同じ部署のヤマグチくんの携帯に電話してみたんです。
そしたらこのヤマグチくん、今日は代休だったみたいなんですが、その口から衝撃的な事実が。

今僕がこうしてblogを更新している間に、会社のウチの部署で新人の女の子の歓迎会をしているようです。だから誰もいなかったんですね。

僕ですか?
そんなの今知った!!
えぇ、声かかりませんでしたよ・・・。orz
多分僕だけ。
確かに今週は月曜からずうっと外回りっぱなしでほとんど会社戻らなかったから仕方ないのかも知れないんですけどね・・・。
でも電子メールやら携帯やら、連絡取りようはあるじゃないか!

行きたかったわけじゃないですけど、激しく鬱・・・。
別窓 | 仕事 | コメント:0 | トラックバック:0 
第585話 『MCP』
2007-03-29 Thu 18:47
今日、マイクロソフト認定資格プログラム(通称MCP)という資格試験を受けに仙台まで行ってきました。
今回受けたのはMCPの中の「Windows2003Server 運用と保守」って科目。
合格点が700点なんですけど、なんと得点は700点丁度でギリギリ合格。
1月に取ったマイクロソフト認定アソシエイト(通称MCA)って資格試験では満点の600点というビルゲイツも卒倒するであろう高得点で取得した僕でしたが、やっぱサーバの資格は難しいです。
普段サーバなんて触らないですからね。試験対策で問題集なんかやってみてたんですけど、答えがわからない以前に、問題の意味がわからない。問題の文章も英語を直訳したようなものすごいわかりづらい文章なので問題読むだけでも凄く頭が疲れるんですよ。

とは言え、取得したので一件落着ではあるんですが、困ったことにこのMCPプログラムってのは、まだまだ科目が沢山あるんですね。1科目だけでも取得すればMCP資格取得者と名乗れるのですけど。次々受けてスキルアップしなきゃならないと思うと切ない。
また、今回のはあくまでWindows2003Serverの資格なので、次のOSがリリースされたらまた資格取り直しなんですよ。これがツライです。
まさに無間地獄。
別窓 | 仕事 | コメント:1 | トラックバック:0 
第549話 『Win2003Sever研修』
2006-05-17 Wed 17:08
今日からまた研修です。
うんざりだ。

今回の研修は「Windows2003Serverの運用と管理」というテーマ。
二日間の研修後、Microsoft認定資格であるMCPを取れ、というミッションを会社から頂いておるのです。

そんなん無理。
サーバOSなんて、触ったことほとんどねぇよ。
会社よ、勝手なこと言うな。
別窓 | 仕事 | コメント:0 | トラックバック:0 
第547話 『初めての出張#4』
2006-05-12 Fri 17:21
別窓 | 仕事 | コメント:0 | トラックバック:0 
第546話 『初めての出張#3』
2006-05-11 Thu 17:24
今日・明日と研修なのですが、内容は、
 「製造業ソリューション ベーシック編」
というもの。
製造業の業務内容を理解し、システムソリューション(3DCAD・CAM・CAEとかファイリングシステムとかナレッジマネジメントとか)を提案できるようなスキルを身につける基礎コースです。

まぁ、それはいいんですけどね。
今日驚いたのは、なんと言っても通勤ラッシュです。
すげぇ。

朝ホテルを出て、地下鉄への入り口。
穴から出る人、穴へ入る人。
スゴイ人数がワラワラと、しかも整然と歩いてる!
それを見て思わず一瞬足が止まりましたよ。
そして直感しましたよ。

「コレはまるで蟻の巣だ!」と。

覚悟を決めてオレも蟻の一員になって、穴へ突入。
電車もスゲェ人、人、人。
電車の車内の壁に磔状態。
都会の人は毎日こんな感じで通勤しているのかと思うと、
田舎人は幸せだなぁと、つくづく感じました。
別窓 | 仕事 | コメント:0 | トラックバック:0 
第545話 『初めての出張#2』
2006-05-10 Wed 17:25
さていよいよ来ました、出張の日が。
13:05の新幹線で出発なんですが、

まず驚いたのは、山形駅で既に自動改札だった事だ。
恐ろしい。
田舎人である山形人は、人と人との対面が基本だろう。
そうやって東北独特の人の良さが育つというものだ。
「何でもかんでも機械化するのはまだ早い!」
そう愚痴ってみるが、ほんとは怖いだけなんです。
だって考えても見てくださいよ。
もし改札が人だったら、仮に間違った切符買ってたり、
間違った改札を通ろうとした時には、
「新幹線は向こうの改札ですよ」
とか、言ってもらえるのです。
そしたら俺も「エヘヘ」とかって、
恥ずかしいのを笑ってごまかしながらも、どうすればいいのか判るってもんです。

ところがこれが自動改札機だったらどうでしょう。
俺が間違ったことをしても「ガシャン!!!」とゲートを閉じるだけです。

一枚入れて、向こう側にピュッと出たのを確認してからもう一枚を入れる。
そうやってビクビクしながら改札を抜けました。

最初の難関をクリアした俺は、タカタカとホームを目指して歩く。

するとどうですか。
また自動改札ですよ。
ハァ?
もしかして俺、道間違った!?
もしかしてここって出口の改札!?

予想もしなかった第二の改札の出現にうろたえる俺。
行こうか行くまいかオロオロしていると、近くにいた若い駅員さんが近づいてくる。

「切符をお入れください。」

しまった。
もう後に引けない。
覚悟を決めた俺はポケットから2枚の切符を取り出した。
一つは乗車券、もう一つは特急券だ。
一つの乗り物なんだから切符も一枚にすればいいのに。
取り出した2枚の切符を1枚づつ入れようとしたのだがここでふと、
「どの向きで入れるんだ?」
正しい切符を買ってるのに、入れる方向が違ってただけで改札にガチャンと通せんぼされたらと思うと、もう泣きそうです。
で、マゴマゴしていると見かねた駅員さんが
「2枚一緒にお入れください。」
などと言う。

(もうどうにでもなれ。)
そういう気持ちで言われたとおりに2枚同時入れを敢行。
そしたら出てきましたよ、ビョっと2枚。
すげぇ。

この時点で12:57.
あと7分しかねぇ。

まずタバコ。
そしてビール2本。
で、弁当買おうと辺り見回すと、弁当売り場はさっきくぐった改札の向こうじゃねーか!
仕方ないのでビール買った売店に戻り、おにぎりとお稲荷さんを買ったのです。

で、何とか社内にたどり着きました。
そして時刻通りに発車。
ようやく落ち着いてタバコを一服し、ビールを飲み始めたのです。

ビールも半分ほど飲んだ頃、
「さぁお稲荷さんでもつまもうか」
という時気づいたのです。
「割り箸も、お手拭もねぇ...」
ご存知の通り、お稲荷さんというのは非常にベトベトしている食べ物です。
原因はひとえに外側を包んでいる油揚げの油に尽きるのですが、
油に加えて、甘く味付けなんかしちゃってるもんですからさらにベトベトなんです。
今手を汚したら、手を拭く術は私にはありません。
出張なのにポケットティッシュも持っていないのです。
手をつけるか否か、数分間葛藤した後、
私はそっとお稲荷さんを袋にしまったのです。
 (この時点では、新幹線内に手を洗う場所がある事を知らない)

俺が座ったのは喫煙車両の指定席だったんですけど、
当然というか、むさくるしいオヤジばっか。
トイレ行こうと隣の車両行ったら女の子いっぱい。
禁煙席にしておけばよかった。
そしたらきっと、若い女性の「お隣よろしいですか?」みたいな、
恋の始まりの予感もあったろうに。

あ。
あと新幹線の、車両と車両の間のドアって自動ドアなんですね。
知らなかった。

1時間もすると、米沢駅も越え、いよいよ山形県ともおさらばです。
なんかね、この時点で既に、人売りにでも連れ去られている気分。
言ってみれば軽いホームシック。
情けない。
でも仕方ない。
だってそれが俺なんだから。w

トイレで手が洗えることに気づいたので、
封印していたお稲荷さんなんぞをつまみながら、
いつの間にか東京駅。
いよいよ恐れていた時間。
今日最大の山場、乗換えだ。
ミミガー1
ココでの乗り換え時間は12分。
旅慣れた人には十分すぎる時間かもしれないが、
そんなのは俺には通用しない。
一秒たりとも無駄にはできない。
まず新幹線を降り、改札へ向かう。
そして東海道本線のホームへ。
順調に辿り着いたものの、困ったことに気がついた。
ホームの右にも左にも電車が停まっているのです。
「どっち乗りゃいいんだ...」

駅員に聞こうにも、その駅員がいやしねぇ。
こんなに広いんだから、一人くらいいたっていいだろうに。
と思っていると、向こうから車掌と思しき人がコッチに歩いてくる。
なんかタイヤ付きの鞄をゴロゴロ引きずって。
スチュワーデスさんみたいだ。w
その車掌を捕まえて、
「コレに乗ったら横浜行けますか?」
って聞いたら、
「そうですよ。」
一言だけ。目もあわせずにですよ。
さすが東京砂漠。
会話に潤いがないねぇ。

すぐ車掌に言われた電車に乗り込むと...
(略

あとはなんか書くのめんどくさいし、
面白いことも特にないのでいいや。
とにかくホテルに無事に着きました.
別窓 | 仕事 | コメント:0 | トラックバック:0 
| ■ 飛 ブ 。■ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。