スキーで飛ぶ。クラッシュすれば記憶も飛ぶ。話題も飛ぶ。w
http://freeibex.blog74.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
第324話 『いか軟骨梅味』
2005-05-30 Mon 16:53
いか軟骨最近流行りです。
俺の中で。

元々はタカシさんから教えてもらったのですが。

よっちゃんイカに梅風味を付けて、コリコリさせた感じ。
パッケージには
「Oh! Tsumami is Enjoy with Wine,
Whiskey,Cocktail,and Beer etc.」
とあるのですが、カクテルには合わないと思います。w

お近くのファミマでお求めください。
スポンサーサイト
別窓 | 喰った・飲んだ | コメント:0 | トラックバック:0 
第323話 『安めぐみ』
2005-05-29 Sun 20:34
安めぐみ
最近気になります。w
キャラ的にもイイです。w
別窓 | 徒然 | コメント:0 | トラックバック:0 
第322話 『飲み会』
2005-05-28 Sat 20:38
余目の「しょうじ」で一次会。
同「ハーティー」で二次会。
別窓 | 徒然 | コメント:0 | トラックバック:0 
第321話 『1/1ダグラム』
2005-05-27 Fri 20:40
ダグラム1すごいぞ!ランドウォーカー!!

これさ、ガンダム世代の俺にはピンときたね!
「太陽の牙 ダグラム」
ランドウォーカーに手をつければ、まさにダグラムじゃん!!


       
ダグラム2これがダグラム。
ガンダムの後あたりに放映されたロボットアニメの主人公が搭乗する兵器。

ガンダムのHITを境に、ロボットアニメのロボットはその性格を2極化されていった。
一方はそれまでどおりの勧善懲悪モノの主人公ロボ。
他方は兵器化されたロボット。
後者はガンダム-ダグラム-ボトムズと、より先鋭化、リアル化されていく。
主人公ロボが存在しなくなるのだ。
量産されたロボット。主人公は人間。
ロボットはそこらの戦車等と変わらないのだ。
その辺のリアルさがマニアの心をワシ掴みするのだが、
子供にはウケが悪いのであろう、ボトムズを最後にこのリアル路線は衰退していくのであった...。

俺的にはボトムズは最高に面白いっけなぁ
今見ても面白い。Winnyで全話落としました。W
ただ、後半のワケワカラン展開はNGかと。
別窓 | web・PC | コメント:0 | トラックバック:0 
第320話 『901is』
2005-05-24 Tue 20:44
901iDocomoからFOMA 901isシリーズが発表されました。
見た目はSH90is当たりがカコイイかと。

でも、SHは買わないなぁ。
SHARP嫌いなんです。
「目の付け所がSharpでしょ?」ってCM通り、ちょっと変わった商品が魅力的なときも多いんだけど、シャープはぶっ壊れるってイメージが拭えない。
メーカーなんだからソコはこだわりなよ。
おれが今まで買ったSHARP商品はことごとくぶっ壊れた。
よほどのことがない限り、この先SHARP製品は買うことはないでしょう。

901isで新たにつく機能としてフルブラウザとかPDFビューワーとかあるけど、正直あんまり興味ない。
一番は↓かな。
「新たにFOMA用の800MHz帯「FOMAプラスエリア」に対応し、800GHz帯と2GHz帯の両方で通信できるようになった。これにより、これまでFOMAが通じにくかった山間部でも利用可能になるという。」

これで湯殿山もFOMAエリアか!?
別窓 | 徒然 | コメント:0 | トラックバック:0 
第318話 『タバコの新パッケージ』
2005-05-22 Sun 20:50
たばこあまりに毒々しいメッセージになった。
「体に悪いんだなぁ」と改めて感じたような気もしたが、
おそらく数日で見慣れると思われる。w
別窓 | 徒然 | コメント:0 | トラックバック:0 
第319話 『リアルモバイラー』
2005-05-22 Sun 20:46
モバイラコンビニの自動販売機から電源をとってノートPC使ってるツワモノ発見!
別窓 | 徒然 | コメント:0 | トラックバック:0 
第317話 『食肉35%』
2005-05-19 Thu 20:53
バーグ1レトルトのハンバーグ。
チーズ+デミグラスソース。
レトルトとは言え、おいしそう♪


       
バーグ2さて、何分くらい温めればいいのかな?
ホー、15分か。
結構かかるね。

...って、んん!?


       
バーグ3「食肉の含有率 35%」って何だ!?
あとの65%っていったい...。



別窓 | 喰った・飲んだ | コメント:0 | トラックバック:0 
第316話 『焚きたて?』
2005-05-18 Wed 21:03
今日、仕事中にのこと。

炊きたて1「こがねちゃん弁当」っつー弁当屋があります。
会社の近くに。
まぁ、ほっかほっか亭みたいなもんです。

ふと目をやると、電光掲示板の看板が
「ササニシキ」とか「お弁当」とかいろいろと宣伝してます。
ちょっとの間ソレを眺めていたら...


炊きたて2
「焚きたて」?
ご飯は「炊きたて」でしょう。

何を焚いてるんだか...
焚き火?お香?


別窓 | 徒然 | コメント:0 | トラックバック:0 
第315話 『告知すべきか?』
2005-05-11 Wed 09:03
今朝、会社の女の子のストッキングが伝線しているのを発見!
教えてあげようかと思ったけど
「あたしの脚ばっかり見てるんでしょう!?いやらしい!!」
とかって想われたらヤだなぁと思ったので、言いかけてやめました。
でも、なんか言いかけたのは気付かれてたらしく、その子は「?」って顔でコッチ見る。
仕方ないから教えてあげた。
そしたら「もっと早く教えてくださいよ!!」って怒られました。
難しいねぇ。
別窓 | 徒然 | コメント:0 | トラックバック:0 
第314話 『ジャスコの怪談』
2005-05-07 Sat 09:04
夕方ジャスコに買い物に寄った。
まず最初にトイレに入ったのよ。
誰もいなくて、小してたのね。
そしたらさ、後ろの大の個室の中から
「お兄ちゃん!お兄ちゃん!?」
って大人の男の声で話し掛けてくるんだよ!
ビックリ、そしてキモすぎ。
声を押し殺して用を済ますと、足音立てないようにそぉっと脱出。

でてからさ、「そういやぁ学校の怪談とかってこんなんだっけ?」って。
おれもあそこで返事してたら引きずりこまれてたのか...?
いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ
別窓 | 徒然 | コメント:0 | トラックバック:0 
第313話 『I,ROBOT』
2005-05-05 Thu 09:06
さてGW映画第3弾。
今日は「I,ROBOT」です。

I,ROBOT-- story --
西暦2035年。家庭用新型ロボットNS-5の発売を目前に控えたUSロボティック社で、ロボット工学の第一人者、ラニング博士が謎の死を遂げる。シカゴ市警のスプーナー刑事(ウィル・スミス)は、博士の死をロボットの仕業と読むが、主任のロボット心理学者カルヴィン博士(ブリジット・モイナハン)は『ロボット3原則』を掲げ、人間に危害を加える可能性を全面否定する。そこへ、一体のNS-5が動き出した。それは、3原則をプログラムされていない『特別な』ロボットだった。

--official site --
http://www.foxjapan.com/movies/irobot/


さて。
観終わった時に感じたこと。
これはロボットに限った話じゃないと思うのだが
ロボットがあの有名な「ロボット三原則」に沿って動くから問題なのだと。
人間のような回路で動くロボットができるのだとすれば、人のためになる行動に喜びを感じる回路が必要なのではないだろうか。
人間も同じだ。
合理的な行動、正しい行動を取ればいいというものではないという事は、誰しも知っているはずだ。

まぁそんな感じだけど、ストーリーはそんな小難しい話じゃなくって、エンタとして楽しめます。
割とオススメ。
別窓 | TV・映画 | コメント:0 | トラックバック:0 
第312話 『CUBE』
2005-05-03 Tue 09:09
あー、今日も部屋で映画見てすごしました。
今日は『CUBE』です。

cube-- story --
互いに何の関係もない5人の男女が、ある日突然、鋼鉄の立方体(CUBE)の部屋で目を覚ます。部屋の六つの面にはハッチがあり、それぞれが違う部屋とつながっていた。出口はどこにあるのか?やがて彼らは気づいた。自分たちはこのパズルのような異空間に、何者かに閉じ込められたのだと。
警察官のクエンティン、女学生のレブン、女医ハロウェイ、脱獄囚レン、そして建築家ワース。彼らはそれぞれの能力を活かし、協力してこの異空間からの脱出を試みる。だが最も頼りにされていた脱獄のプロ、レンが部屋の一つに仕掛けられた罠で命を落とすと、この異空間の恐ろしさを目の当たりにした一行は、次第に自分たちの置かれた状況に正気を保てなくなっていく。
そんな中、数学を専攻するレブンは、部屋のハッチに刻まれた数字から罠の仕掛けられた部屋を見分ける法則を発見する。途中で合流した精神障害者のカザンの助力も得ながら出口を探すレブンたち。だが極度のストレスから起こる疑心暗鬼、仲間割れ、そして裏切り…次々と噴き出す人間の弱さと残酷さが内面から彼らを襲う。この肉体と精神の迷路に、果たして出口はあるのか?


サスペンス映画になるんでしょうかね、コレ。
昨日観た『SAW』と似たようなシーンで始まります。
「目が覚めたら密室」って事です。
この映画では「誰がこんなことを仕組んだのか?」とか、「なぜこんなことになったのか」とかそういう事は一切説明ありません。答えもありません。関係ありません。最後に脱出できたのかもさだかじゃありません。w
なんか脱出の謎を解くために部屋番号の数字を素因数分解したりなんだりかんだりですが正直よくわかりません。
なので謎解きには共感できません。
「へー、そう。良かったね。」くらいなもんです。

まぁ、俺の評価。
 「なんとなく面白いかも。」
別窓 | TV・映画 | コメント:0 | トラックバック:0 
第311話 『SAW』
2005-05-01 Sun 09:12
GWだからか珍しく立て続けに映画鑑賞。
っても家でだけどね。
AVPで失敗したので今度はサスペンス物にしてみました。
で、『SAW』。

saw-- story --
老朽化したバスルームで覚醒する2人の男、アダム(リー・ワネル)とゴードン(ケアリー・エルウェス)。どちらも片足を太い鎖でパイプに繋がれ、身動きがとれない。部屋のほぼ中央には、頭部を撃ち抜いた死体が転がっている。全くの不可解な状況で彼らに与えられたのは、テープレコーダーとテープ、一発の弾丸、タバコ2本、携帯電話、2本のノコギリ。テープを再生すると、生き残りたければ、6時間以内に相手を殺さなくてはならないと告げる声が。いったい誰が何のために?そして、なぜ、彼ら2人なのか…。

-- Official Site --
http://sawmovie.jp/

結構面白かった。
死の罠を全部仕掛けた後から話が始まっているので
犯人は二人の行動を見ていただけなんですね。
だから「SAW」。
SEE(見る)の過去形でSAW(見た)。
最後の結末は唖然とさせられました。
お前そこにいたのかよ!!ってね。w
別窓 | TV・映画 | コメント:0 | トラックバック:0 
| ■ 飛 ブ 。■ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。