スキーで飛ぶ。クラッシュすれば記憶も飛ぶ。話題も飛ぶ。w
http://freeibex.blog74.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
第572話 『ゲド戦記』
2006-08-29 Tue 14:06
皆さんはもうご覧になりましたか?映画「ゲド戦記」。宮崎ナントカっていう親の七光り監督が初めて手がけた映画だとか。親のハヤオのおかげでそれなりに話題作品みたいで、主題歌は街のアチコチで聞こえてきますし、「命を大切にしないヤツは大嫌いだ!」ってセリフもよく耳にしますね。映画の中身についてはどうこう言うつもりもありませんし、そもそも観るつもりもないのですがね。


さて、この映画の主題歌の歌詞の中に、

 「心を 何に 例えよう」

というフレーズありますね。
ある人から教えられて以来、あれが、

 「心 オナニーに 例えよう」

と聞こえて仕方ありません。
blogやら2chやらでは結構有名な話らしいんですが、どう聞いても、何回聞いても、いやむしろ聞けば聞くほど「心 オナニーに 例えよう」としか聞こえなくなりました。こんなの子供に聞かせられない。心をオナニーに例えるって、そもそもどんな例えだ。ハヤオの息子なら何をやっても許されるわけでもあるまいにと、義憤に駆られる毎日です。

と毒づいていたわけですが、よくよく考えてみるとこの例え方、実は結構イイ線いってるのではないかと気づいたのです。戦いに身を置かれた主人公の心をオナニーに例えるのはアリだなと気づいたんです。

戦いの前の迷い。
戦いの最中の高揚感、興奮。
戦いの後の虚無感、罪悪感。
そして、もうこんな戦いはやめよう、という決意。
しかしやはり再び戦いに身を投じてしまう葛藤。
この戦いがいつまで続くのかという絶望感。

上記の「戦い」を、「オナニー」に置き換えてみて欲しい。
どうだ。見事に例えられていると言える。
迷い、高揚感・興奮、虚無感・罪悪感、決意、葛藤、絶望。
そういったものを身近なものに置き換えて感じて欲しいと言うメッセージなのです。さすがハヤオの息子。さすが七光り。親の光はダテじゃない。


そう言えば、高校の同級生でかなりの映画フリークのカトちんが言ってました。

「すべての映画作品にはメッセージがこめられているんだよ。」

と。ではこの「ゲド戦記」で、製作者が伝えたかったメッセージとは何だったのだろうか。観てもいないどころかあらすじも知らないのに考えてみました。

僕が思うに、ポイントは主題歌の歌詞(心オナニー…)と「命を大切にしないヤツは大嫌いだ!」のセリフにあると思うんです。ここで言う「命」とはメタファー(比喩)であり、本質的には「命の素」を指すに違いない。この「命の素」とは、すなわち「精子」です。つまり、無駄に精子を放出している現代男性への警告が込められているのです。オナニーによる精子の大虐殺を諫めるメッセージが込められているのです。それが「命(の素)を大切にしないヤツは大嫌いだ!」というセリフに集約されて表現されているのです。



つまり、この作品を通じて監督が一番伝えたかったことを一言で表現するならばこうなります。

 「オナニーのし過ぎに注意!」




※本文中でも言ってある通り、僕はこの作品について何にも知りません。
「心オナニー…」と命を大切にしないヤツは大嫌いだ!」のセリフ以外何も知りません。
従いまして作品の捉え方や評価について批判されても困ります。
作品についてのマジなコメントはご遠慮ください。
スポンサーサイト
別窓 | TV・映画 | コメント:2 | トラックバック:0 
第571話 『ナメクジの研究』
2006-08-27 Sun 14:05
夏も終わりですね。
夏休みもとっくに終わり、街中に制服の女子高生が戻ってきました。残り1ヶ月ほどの夏服の季節を堪能したいと思います。

ところで夏休みといえば自由研究ですよね。僕は県の自由研究のコンクールで銀賞を頂いたことがあるんです。
何をテーマに研究したのか。

 「ナメクジの研究」

これで銀賞です。
はっきり言って小学生の自由研究なんていうものは、どうせ素晴らしい発見や発明なんて生まれるはずないんですよね。大人から見れば。大人にとってはわかりきった結論であっても、それを自力で検証して結論を導き出すプロセスと、子供ならではの独創性・発想を見られる訳なんです。
そういう意味では、

 「ナメクジを研究しよう。」

という発想、もうその時点でインパクトありすぎ。
普通のヒトはこんなの研究しようなんて想いつかないですから。もうその時点で何らかの賞は獲得したも同然だったんです。取るべくして取った銀賞だと言えるでしょう。しかし、奇抜であるが故に金賞を貰えなかったというのもまた事実。まさに諸刃の剣。ちなみに金賞のヤツは「カブトムシの研究」とかいって、カブトムシの行動や生態を夏休み丸々を使って記録した、実に子供らしい、実に爽やかな研究でした。

で、研究の内容はというと、

 「ナメクジに塩をかけると小さくなるのはなぜか?他の調味料ではダメなのか?」

これを検証する内容。結論から言うと、塩に触れると浸透圧の関係で、体内の水分が対外に出てしまうからなんですね。正直言って、この結論は知っていました。結論のわかっている研究ほど楽なものはありません。結論にそぐわない実験データは握りつぶしてしまえばいいわけですし。

序論ではナメクジの生物学的分類や生態について記述しました。
勿論コレは図鑑からの丸写し。
その中でちょっと興味深かったのは、彼らは同時的雌雄同体の生物であること。これは有性生殖の際に、どちらの固体も精子と卵子に当るもの両方をもっていて、生殖の際には精子に当るものを互いに交換し合い生殖を行うということ。人間で言えば、僕にも彼女にも、男性器と女性器の両方があって、お互いのチンチンをお互いの秘密の花園に入れる、みたいな。そんなアメリカのアダルトビデオあったな。それでお互いに妊娠・出産するみたいな感じなのですよ。人間に例えてみるとかなりすごいぞ。
また、相手が見つからない場合は自分の体内の精子と卵子で無性生殖も可能らしいのだ。これまた人間で言えばオナニーで子供ができちゃうって感じか。僕がナメクジだったら実に大変なことになってるとこだった。「山形の大家族」とかって、TVの番組にされかねない。恐ろしい・・・。


そして実験開始です。
台所にある色んな調味料をナメクジに振りかけて、何をかけたときに一番小さくなるかを検証します。
準備したのは、酢、塩、醤油、砂糖、サラダ油、小麦粉、胡椒、酒、マヨネーズ。
一つの調味料を5匹のナメクジにふりかけて、どれくらい小さくなるかを計ります。
塩>醤油>酢>胡椒>酒>砂糖=小麦粉=サラダ油
確かこんな感じだったと思います。
で、ここから結論として、

 塩または塩を多く含む物ほどナメクジが小さく縮む
 →体外の塩分と体内の体液との浸透圧が発生
  →体液が外部に流出
   →ナメクジ縮む

こんな感じの研究でした。

しかしですね、裏結果というのがありまして、何が裏かというと、それは、ナメクジが苦しそうなランキング。
酢>塩>醤油>胡椒>酒>砂糖=小麦粉=サラダ油
酢をかけたときのナメクジの暴れっぷりといったらありませんでした。まさにもがき苦しみのたうちながら死んでいく、そんな感じ。もろハダシのゲンみたいな光景でした。人間で言えば目に酢をドバドバ掛けられる、そんな感じ。想像するだけで痛い。

この銀賞に気を良くした僕は、翌年の自由研究でさらにとんでもないことをしでかすのですが、それはまた今度の話です。
別窓 | 少年時代 | コメント:1 | トラックバック:0 
第570話 『エロ本泥棒』
2006-08-12 Sat 22:16
高校1年の頃のお話です。

僕は高校時代はレスリング部に入ってましてね。習い事やら部活やらクラブやら、まともに続いたのは生まれてこのかたないのですが、なぜかこの高校の部活だけはきっちりやってました。30人くらい入部して7人しか残らなかったくらいキツかったはずなんですが。県レベルの大会では常勝でしたし、県の強化選手とかにもなったくらい。

で、この部の練習場というのが、学校の敷地内ではあるんですが、学校や体育館とは完全に別の建物で、敷地内と言えどもほんとにはじっこにあったんです。しかもカド地に。
そんな立地条件ですから、部員、顧問、OBくらいしか立ち寄らない、近寄らない聖域。それが十何年も代々続いているのですからほとんど無法地帯と化してたわけです。保健室行くと言って部室で寝てるわ、休み時間は部室で遊んでるわ、練習終了後も部室で遅くまで遊んでるわ、エロ本は持ち込むわで治外法権と化していたのです。

また体育の授業の時、ジャージとかに着替えるわけですが、体育系の部活してるヤツラはみな部室で着替えるという習慣があったんです。僕らもその例に漏れず、部室で着替えるのが常でした。

そんな部室から先輩のエロ本が盗み出されたんです。3冊も。ヨシケン先輩のエロ本が。まぁ、犯人は僕なんですが。もはやエロレベル92くらいまでになり、竜王も余裕で倒せるくらいエロくなった今の僕にしてみれば、盗んでまで見るような内容でもないんですけどね。でらべっぴんとかそんなヤツ。でも当時の僕はまだレベル5くらい。まだやっと城の周りのスライムでの経験値稼ぎから卒業する頃だ。

もちろん大騒ぎになりましたよ。練習そっちのけで犯人探しが始まったんです。僕は率先してヨシケン先輩の捜査を手伝いました。まぁ、犯人は僕なんですが。そして卑劣にも僕は、同期の中で一番気が弱くて、また一番実力もなかった一條くんを犯人に仕立て上げたのです。というか、最初から一條くんに罪を被せる犯罪計画。犯行の日には1年では一條くん以外は体育の授業がない日を選んでいましたし、3年生はもう既に引退しています。しかも盗んだ3冊の内の一冊を一條君のロッカーに入れておくという用意周到ぶり。もちろん3冊の中で最もエロくない本、一番もったいなくない本を。これだけのトリックだ、古畑任三郎でも見抜けまい。

日中出入りしたのは着替えに来た一條くんだけという状況証拠。そしてロッカーから出てきた物証。

一條くんは罪を認めませんでしたが、状況も物証も揃いすぎでした。というか、僕が揃えたんですけど。ここまでくるともう本人が犯行を認めるとか認めないとかっていうレベルの話ではなくなっていました。もはや一條くんは犯人に決め付けられていたのです。既に話題は「誰が犯人か?」から「どうやって吐かせるか」という点に移ってしまっていました。一條くんの頬を伝うくやし涙。一條くんの弱い心がここまで追い詰められて折れないはずもなく、結局最後には自供してしまったのです。
僕が犯人なのに。

「このムッツリ野郎!」

など、あらゆる罵声が一條くんに浴びせられました。僕は「先輩、一條くんはムッツリじゃありませんよ。」と心の中で呟きながら、こう叫んだのです。

「このエロ本ドロボー!」

こうして僕は冤罪誕生の瞬間を見届けたのです。


僕は人として最後に残った良心でそっと一條くんのかばんに残りの2冊を忍ばせてあげましたが、それが出てきたという話を聞いたことはついにありませんでした。持って帰って使ったんだろうな。ムッツリは本当だったんだね。
別窓 | 少年時代 | コメント:0 | トラックバック:0 
第569話 『T-1000』
2006-08-02 Wed 09:33
小6の冬のお話です。

前に話した通り成り行きとはいえ、興味もない卓球のスポ少に放り込まれた僕。
練習なんて真面目にするはずもなく、友達の田村くんと卓球場で遊ぶのが日曜の日課になっていました。
この田村くんも別に卓球好きなじゃないんですが、僕一人で入るのがイヤだったので無理矢理引っ張りこみました。
田村君、ごめん。

遊ぶと言っても、さすがに卓球と関係ない遊びは目立ちすぎてアレなんで、新サーブの開発とかして遊んでた。
代表作はエンゲージリングサーブ。
とゆうか、他は覚えてない。
この「エンゲージリング」という言葉、今でこそ「エンゲージ・リング」だって事は知っていますけど、
当時は「エンゲー・ジリング」だと思ってました。
もちろん婚約指輪のことだなんて知らなかった。
ちなみにこのエンゲー・ジリング・サーブという技は
構えた後、手にもったピンポン玉を上に投げ上げる際に「エンゲー!」と掛け声を掛け、ラケットと玉のインパクトの瞬間に「ジリング!」と叫ぶサーブです。掛け声以外は普通のサーブ。
このサーブはすごい流行った。二人限定で。
なんだよ、ジリングって。

ところが楽しい時期は長く続かないのが世の常。
田村君は腎臓だか心臓だかの病気で入院しちゃったのです。
もうね、こうなるとスポ少行ってもつまんないんです。
ダレも構ってくれないし。
別に卓球しに行ってるわけじゃないんだぞ。

こうして段々スポ少をサボるようになったんです。
でもあんまり行かないとさすがに親に不審に思われるので、練習行ってくると称して家を出るだけ出て、一人近所で遊んでたり、ウロウロしてたりしてた。
んで、昼頃「練習疲れたぁ」みたいな顔して家に帰るの。

そんなある冬の日曜日。
その日は吹雪で寒くて寒くて。
でもスポ少行くって出てきてますから、上下ジャージで上にアノラックみたいなのを羽織ってるだけです。アノラックって懐かしいね。
ホント寒くて遊ぶどころじゃない。
でも動いてないとますます寒いので、近所をずうっと歩いたり走ったりしてたんです。
冷静に考えればスポ少行って練習してたほうがよっぽど楽なんですが。
とにかく八甲田山ばりの死の雪中行軍。
まぁ行軍といっても一人ですが。

そんな時です。
この難局を打開する素晴らしい手をひらめいたんです。
ションベンって暖かいじゃないか。
雪が溶けるし湯気も立つじゃないか。
ションベンで暖をとればいいんじゃないか?

我ながら狂気の発想。
常人には思いつくはずのない、まさに悪魔の発想と言っても過言ではあるまい。
しかも小学生の頃の僕は、

 頭に思い浮かぶ → 即行動

という、実に本能的な、昆虫みたいな生き方をしていました。
ある意味、神がかりな行動力。

悪魔の発想力と神がかりな行動力を兼ね備えた生物。
それが僕。人間を超越した存在でしたね。
キン肉マンで言えばネプチューンマン。パーフェクト超人。

そんなネプチューンな僕ですから、もちろん即実行あるのみです。
歩きながら思いっきりションベン漏らしてみた。
ジャージの内側を伝わるションベン。

「おぉ!暖かい!」

作戦は見事に成功。
ホクホク顔で歩きつづけた。
しかし悲劇はその直後にやってきた。
幸せはあまりにもあっけなく打ち砕かれたのです。
ションベンをたっぷり含んだジャージは、あっという間に冷たくなり、その上凍り始めたのです。

凍りついたズボンをバリバリ言わせながら無理やり歩く姿はもはや「ターミネーター2」に出てた液体金属製の新型ターミネーター「T-1000」そのもの。このままだとサラ・コナーを殺しかねない。人類を滅亡させかねない。それくらいのT-1000っぷり。
T-1000は-195℃の液体窒素で凍らされてましたが、こっちはションベンで凍っているのです。
冷たさでは多少劣るものの、インパクトでは完全に僕の勝ちだ。圧勝だ。

こうして思いがけずT-1000越えを果たした僕はいつも通り昼くらいに帰宅しました。
このとき僕のちんちんは事件の中心にいたにもかかわらず、凍傷にかかるでもなく無事でした。
でも、大人になった今のちんちんを見ると、これが原因だったのかなぁと、ちょっとだけ後悔の念にかられます。
別窓 | 少年時代 | コメント:0 | トラックバック:1 
第568話 『スポ少』
2006-08-01 Tue 09:28
小学校の頃、僕はスポーツ少年団、いわゆるスポ少に入ってました。
でも、野球とかサッカーとかバスケみたいなカッコイイ花形スポーツではなくて、なぜか卓球
卓球なんて好きでも何でもないのに卓球
んじゃ、なんで卓球なのかというと、実は理由がありましてね。


小3の終業式のときに、クラス会でへんなチラシが配られたんです。
それがスポ少の案内のチラシでした。
思えばこの時教室のゴミ箱に速攻で捨てちゃえば良かったんですが、明日から春休みって事で気分もウカレポンチだったうえに、
春休みのしおりやら宿題やら、複数のプリントが渡されたものですから、全部ごっちゃにして持ち帰ったんです。ホント失敗した。

このプリントをオヤジが見つけましてね。
スポ少に入れ入れ言うんですよ。

はっきり言って僕はスポ少なんて入りたくなかった。
団体行動は嫌いだし、チームプレイなんて絶対無理。
それにせっかくの日曜に朝から練習に行くなんてどうかしてる。
バスケの連中なんて、もう完全に頭おかしいから、日曜どころか朝練と称して毎朝6時くらいから練習してた。
そして何より、毎週日曜の午前10時から放送してるアニメ「釣りキチ三平 」が見れなくなるじゃないか。
ついでに言うと当時はビデオなんてありませんでしたからね。
ウチにビデオデッキがやってきたのは高校3年生くらいになってからです。よそんちに比べてもだいぶ遅い。
家の茶の間にもビデオなかったのに、こづかい貯めて自分の部屋に専用のビデオデッキを買いました。9,800円くらいのちゃっちぃヤツ。
もちろんエロビデオ見るためです。
ビデオデッキというよりエロ映像再生機。

あー、話は戻りますが、
勧誘のチラシ見ていると、あることに気づいたんです。
サッカーやら野球やらその他諸々のは確かに小4から入団可能なんですけど、卓球だけは小5から、となってるんです。
つまり春から小4の僕は入れないということです。
何でかは知りませんが。

これですよ!

 ホントは卓球がしたい。でも小5からだから入れない。くやしい。

このストーリーでこの場をしのげば少なくとも1年間は三平が見られる。川の主やら、海の主やらいっぱい見れます。
もちろん来年の春になれば、

「おめでとう!ともももう卓球できるような歳になったんだなぁ・・・。早いもんだ・・・。」

と、まるで息子と一緒に酒を飲むのが夢だった定年退職間近のお父さんみたいにしみじみ言われて、スポ少に放り込まれる可能性はありますが、そんなのは1年も先の話ですし、親父が覚えてる可能性は極めて低い。
それよりそんな遠い将来のことよりも今日を生き延びることが先決だ。

「父ちゃん!俺、卓球がしたいんだっ!」
僕の並々ならぬ熱い意欲。
親父もこんな意欲的な息子を見るのは初めてなはずです。
なんで卓球がしたいんだ?とか訊かれたけど、
釣りキチ三平観たいから、とか、楽そうだから、とはさすがに言えないので、卓球への憧れをとうとうと話したような気が。
機敏な動きがどうとか、僕は個人競技向きだとか。
今にして思えば、バスケやサッカーだって機敏な動きなわけですが。

そんな感じで、今日を生き延びることができました。
神様ありがとう。この先1年間は三平が見れます。

でも三平との生活は長くは続きませんでした。
結局翌年の春にスポ少に入団させられました。
興味もない卓球に。
別窓 | FreeIBEX | コメント:0 | トラックバック:0 
| ■ 飛 ブ 。■ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。