スキーで飛ぶ。クラッシュすれば記憶も飛ぶ。話題も飛ぶ。w
http://freeibex.blog74.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
第566話 『スポコン』
2006-07-18 Tue 09:22
会社帰りの交差点。
信号待ちをしていると、後ろの車がね、
「スポコンスポコンスポコン・・・」
ってウルセーの。
マジウザイ。
しかもその音カッコワルイっつーの。
なんだよ、「スポコン」て。

だが待て。
俺は車なんて興味ないから知らないだけで、
車好きの若者の間では案外、

「俺、ボーナスでマフラー替えたんだ。いい音するぜ?」

「マジで!?エンジンかけてみてくれよ!」

「ああ、いーよ!」

  スポコンスポコンスポコンスポコン・・・

「いい音出してんじゃん!俺も買おうかな!いくらした!?」

・・・みたいな会話が普通にされてるに違いない。
きっとそうだ。


そんなことを考えてるうちに、信号が青に変わって発進。
あんなスポコン車、ぶっちぎってやるぜ!と勢いよく発車。
バックミラーの中でどんどん小さくなっていくスポコン車。
ざまぁ見ろ!スポコンスポコン言ってるからだぜ!
でもココは街中の道路。
次の信号に捕まり、スポコン車にもあっという間に追いつかれる。
そしてまたスポコンサウンドを聞かされる。

それの繰り返し。
ずっとついてくるスポコン車とようやく別れ、後続車は消え失せた次の赤信号。
相変わらず聞こえるスポコンスポコン。

・・・・・・・・・。

オレ?
スポンサーサイト
別窓 | 徒然 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<第567話 『カツアゲ』 | ■ 飛 ブ 。■ | 第565話 『神様という職業』>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ■ 飛 ブ 。■ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。