スキーで飛ぶ。クラッシュすれば記憶も飛ぶ。話題も飛ぶ。w
http://freeibex.blog74.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
第313話 『I,ROBOT』
2005-05-05 Thu 09:06
さてGW映画第3弾。
今日は「I,ROBOT」です。

I,ROBOT-- story --
西暦2035年。家庭用新型ロボットNS-5の発売を目前に控えたUSロボティック社で、ロボット工学の第一人者、ラニング博士が謎の死を遂げる。シカゴ市警のスプーナー刑事(ウィル・スミス)は、博士の死をロボットの仕業と読むが、主任のロボット心理学者カルヴィン博士(ブリジット・モイナハン)は『ロボット3原則』を掲げ、人間に危害を加える可能性を全面否定する。そこへ、一体のNS-5が動き出した。それは、3原則をプログラムされていない『特別な』ロボットだった。

--official site --
http://www.foxjapan.com/movies/irobot/


さて。
観終わった時に感じたこと。
これはロボットに限った話じゃないと思うのだが
ロボットがあの有名な「ロボット三原則」に沿って動くから問題なのだと。
人間のような回路で動くロボットができるのだとすれば、人のためになる行動に喜びを感じる回路が必要なのではないだろうか。
人間も同じだ。
合理的な行動、正しい行動を取ればいいというものではないという事は、誰しも知っているはずだ。

まぁそんな感じだけど、ストーリーはそんな小難しい話じゃなくって、エンタとして楽しめます。
割とオススメ。
スポンサーサイト
別窓 | TV・映画 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<第314話 『ジャスコの怪談』 | ■ 飛 ブ 。■ | 第312話 『CUBE』>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ■ 飛 ブ 。■ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。