スキーで飛ぶ。クラッシュすれば記憶も飛ぶ。話題も飛ぶ。w
http://freeibex.blog74.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
第243話 『スキースクール』
2005-01-09 Sun 12:39
今日は小学生にスキーを教える日。

しかし、天気は最悪。猛吹雪。
スキー場までの往路も酷くて、視界は5~10m程度。
スクールの約束なかったら途中で引き返したいくらい。
でもやらなきゃいけないので我慢して行く。

10時スタートで、滑れる組、少し滑れる組、マジやばい組、の3班に分ける。
滑れる組はヒロシ担当。
少し滑れる組は俺担当。
マジやばい組はタカシさん担当。w

俺の持った班は3年生女子3名。
ひな、ゆうか、かなこ。
こいつら超生意気。
最初にお互いの自己紹介したら、いきなり「ともやん」呼ばわりですよ。
リフトに乗せたら、後ろのひなとかなこが「やっぱり、ともりんのほうが良くない?」とかって相談してやがる。むぅ。

教えてるうちに吹雪きも酷くなってきた。
見ると、ゴーグル持って来てないヒナのまつげにツララが!!
生徒達も「もういい」とギブアップ宣言が出たので、連れて降りるも、みんないるはずの場所には誰もおらず。
黙ってると寒いので、「ちびっこ広場」で元気に遊ばせたのだが、引っ張ってだの押してだのって散々コキ使われて、汗だくです、俺。w

それでも何とか無事終了させて、頂いたギャラ14,000円。
コレを軍資金にして、今夜は皆で飲みに出るのだ!

スキースクール2
一旦解散した後、余目の居酒屋兵六玉で乾杯!
スキースクール1
上の写真はその時にレナ(小学3年生)と真剣に語り合うユーコさん。w
--------------------------------------------
今日の参加者:8名
タカシさん 俺 レナ ヒロシ タカクリ さとちゃん ヒロミ ユーコさん
スポンサーサイト
別窓 | FreeIBEX | コメント:0 | トラックバック:0 
<<第244話 『トラブルデー』 | ■ 飛 ブ 。■ | 第242話 『殿』>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ■ 飛 ブ 。■ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。