スキーで飛ぶ。クラッシュすれば記憶も飛ぶ。話題も飛ぶ。w
http://freeibex.blog74.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
第129話 『病院の診察室で重病説を叫ぶ』
2004-08-20 Fri 09:58
ここ一ヶ月ほど、ずうっと胃の辺りが気持ち悪くってさ。
で、遂に医者逝ってきたわけ。
オレとしてはさ、一ヶ月もずうっと気持ち悪かったわけだから、よっぽどの病気だと確信して逝ったわけ。けどね、医者はちょっと触診しただけで診察終わり。血液検査も内視鏡検査とかも無いのよ。そのくせ、薬だけは山ほど出されて帰ってきた。食前に3種類、食後に1種類を一日3回、2週間分。コンビニ袋みたいなビニール袋にいっぱいの量。
診察結果は「胃が疲れているのでしょう」だと。
病院の診察室で「いや、ソレは違うでしょう。だって、一ヶ月もこんな状態なんだよ?もっと重病なはずだ!!」と叫んでみた。心の中でですが。
スポンサーサイト
別窓 | FreeIBEX | コメント:0 | トラックバック:0 
<<第130話 『釣り人と恋人のはざまで』 | ■ 飛 ブ 。■ | 第128話 『ヤフオクとデジタルコンテンツ』>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ■ 飛 ブ 。■ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。