スキーで飛ぶ。クラッシュすれば記憶も飛ぶ。話題も飛ぶ。w
http://freeibex.blog74.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
第525話 『ぬるま湯っぷり』
2006-03-03 Fri 19:48
今日、会社の送別会でした。
普段は会社の飲み会には行かないほうの俺様ですが、
今回はなんとなく断れないうちに参加人数に入れられてしまってたので参加。

今回異動なるのは結構エライ人でさ。
そんなこともあって26人くらい集まったわけ。
でさ、何人かが代表して「送る言葉」みたいな事を言うわけ。
で、なんかね、普段散々文句言ってたくせにさ、送られる上司のことを褒めちぎるのさ。
女子なんか泣いちゃったりして。

歓談してる間の話題もさ、なんか当たり障りのない仕事の話とかをツラツラと話してるヤツや、逆に自分の営業の武勇伝?を自慢気に話すヤツとか、そんなんばっかり。直属の上司は媚売って擦り寄ってくるし。まぁそっけなく突っぱねましたが。w
そんなこんなでね、なんか最後にはさ、そのぬるま湯っぷりに段々イライラしてきちゃってさ。
自分の「社会不適合ぶり」を改めて認識したりして。

やっぱ、会社の飲み会は行くモンじゃねーなぁ。
スポンサーサイト
別窓 | 仕事 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<第526話 『湯殿山』 | ■ 飛 ブ 。■ | 第524話 『不通』>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ■ 飛 ブ 。■ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。