スキーで飛ぶ。クラッシュすれば記憶も飛ぶ。話題も飛ぶ。w
http://freeibex.blog74.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
第622話 『松山軒』
2007-09-16 Sun 22:26
今日から三連休なのです。みなさん楽しんでますか?
暑さも収まりつつ、行楽にいい季節ですね。芋煮会とかね。
僕は三日間独りぼっちの予定です。何も予定なんてねーよ。
台風が近づいてるらしいので、川原で芋煮会してる人たちを台風による河川増水で濁流が飲み込んでしまえばいいのに。
そんな妄想をしながらうっとりしていました。

さて。
そんな連休なので時間を持て余した僕は一人で松山軒行ってきましたですよ。
まぁ仕事でちょくちょく庄内行くようになったんで、お昼に松山軒行くこともあるんですけどね。でも松山軒といえばスタミナラーメンじゃないですか。けど、あのニンニク臭を考えると、仕事の昼休みに食えるはずもなく、いっつも中華食っては涙を流していたわけです。

なのでわざわざスタミナラーメン食うためだけに庄内行ってきたですよ。
やっぱうめぇ。


で、帰りの道中、いろいろと考え事してましてね。こんな僕でもそれなりに悩みや迷いはあるわけで。仕事とか私事とかね。
でも運転しながらじゃやっぱ集中できないわけで。
そんなんなので悶々としながら運転していたんですけどちょっと思い出したんですよ。

「こういうときは焚き火だ」と。

夜の暗闇の中で、焚き火の炎だけを見つめていると気分が落ち着いてくるんです。そして集中できる。外界からの信号を遮断して自分の中の自分とだけマンツーマンで見つめあえるというか。ちょうどテントも寝袋も積みっぱなしだったしね。

て事で、途中で山道に入ったり、川に下りようとしたりしましたけど、いかんせんこの車じゃ細い道に入っていく気になれず、ベストスポットを発見できず。頭にきた。来年の2月には車検だし、ジムニー辺りに乗り換えようか本気で思いました。
それに加え、風は強まりしかも湿り気を増してきたのであきらめた次第です。

って書いてたら雨降ってきた。
うは。
スポンサーサイト
別窓 | 徒然 | コメント:1 | トラックバック:0 
<<第623話 『確執』 | ■ 飛 ブ 。■ | 第621話 『プルタブで車椅子?』>>
この記事のコメント
no.61:松山軒
未だに行ってない・・・。
まだ見ぬスタミナラーメンを想像したら・・・
(>_<)
お腹すいたなぁ~
2007-09-21 Fri 03:04 | URL | 姫 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ■ 飛 ブ 。■ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。