スキーで飛ぶ。クラッシュすれば記憶も飛ぶ。話題も飛ぶ。w
http://freeibex.blog74.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
第729話 『大和煮、という生き方』
2008-08-12 Tue 19:34
知り合いの@@さんから缶詰を頂いてきました。
@@さんはネットでの戦友みたいなもんですwww
お客さんですけどwwwww

で、先日のコンビーフ事件の記事を読んでてくれたようで、

 「いいものあるからちょっと来い。」

って言われてたわけです。
渡されたのがコレ。
P1020846s.jpg
「えぞ鹿の大和煮」
まずパッケージを見ると、「えぞ鹿出僕注意」とかいう、
その辺走ってるインチキ四駆の背面タイヤカバーに
よく書いてあるような安っぽいキャッチコピー。

しかもえぞ鹿肉50%と書いてあります。
残り半分は何なんだ。優しさか?

箱の裏面を確認します。
P1020852s.jpg
賞味期限 06.2.25 と書いてあります。
案の定、賞味期限切れです。
そうは言ってもたった2.5年しか経過してません。
これは余裕か。

パッケージを開けると、
「シカ」とだけ刻印された、
野戦用レーションの缶詰を思わせる無骨な缶が現れます。
これは期待。wktk
P1020857s.jpg


いよいよ缶を開けてみる。
P1020858s.jpg
なんか白くて小さなツブツブが混じってるものの、
それ以外はなんともなさそうな感じ。
大和煮独特の濃い香りが辺りに漂う。
食欲をそそる香りだ。

食べてみた。
普通に美味い。

元来、大和煮という料理法はたいへん味付けが濃く、
素材の味を消してしまうため、クセの強い肉や質の悪い肉であっても
素材として使うことができる。
逆に言えばどんなクズ肉を使ってもそれなりに美味くなってしまうし、
賞味期限切れても味の変化に気が付けない料理なのだ。
実際、その辺の特性を活かし、自衛隊の野戦食にも採用されている位だ。

これを書きながらビールとともに一缶ぺろりとたいらげてしまった。
みぞおちの辺りに不快感があるが、
これは「期限切れの食品を食べてしまった」という、
脳のイメージによるものだろう。

こないだのコンビーフはMade in Brazil
でも今回のはMade in japanだし、大丈夫だよね。
スポンサーサイト
別窓 | 喰った・飲んだ | コメント:2 | トラックバック:0 
<<第730話 『迷惑メール、襲来』 | ■ 飛 ブ 。■ | 第728話 『募る、想い』>>
この記事のコメント
no.211:
2008-08-12 Tue 19:42 | URL | とも。 #-[ 内容変更]
no.214:
おっ!喰ったか
美味かっただろ!
俺は賞味期限切れ後の去年の11月に喰った。
特に問題は無かった。

また何か入荷したら、保存鑑賞後にプレゼントしる。
2008-08-13 Wed 13:31 | URL | @@ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ■ 飛 ブ 。■ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。